他の飲み物で割る飲み方・・・カロリーが気になる!

酵素青汁111は、粒タイプですので水と一緒に食後などにサッと飲めて手間がかかりません

また、タブレットケースなどにいれて外出先に持っていっても飲みやすいですよね。

しかし、青汁には粉末タイプのものもたくさんあります。

粉末タイプは飲む際に面倒な点や気になる点がいくつかあるのです。

まず、水で割る場合は、そもそも水に溶かしてという手間が面倒です。

中にはとても溶けにくいタイプのものもありますので、外出先などでも気軽に飲むということは難しいでしょう。

また、冬に毎朝冷たい水で溶いた青汁をコップ1杯飲むと考えてみると「体も冷えそう……」ですよね。

粉末タイプの青汁は、味も野菜そのままの風味が強いものなども多く、飲みにくいのが気になります。

毎日1~3杯飲むというのが青汁製品の平均ですが、面倒さと飲みにくさから継続するのが難しくなってしまうこともよく聞きます。

それでは、味の点を解決するために他の飲み物などと割るのはどうでしょうか。

牛乳なども勧められていますが、青臭さは解消されるようです。

しかし、1日何杯も飲むのはカロリーなども気になりますよね。

ヨーグルトと混ぜて朝食にという飲み方も青汁製品ではよく勧められていますが、こちらも溶け具合が良くないと飲み込みにくいのです。

ジュースで割るのも、やはりカロリーの点が気になります

継続して飲むには、飲みやすいこと、少なくとも味が気にならないこと、さらに手間がかからないことなどが大切なポイントです。

酵素青汁111では、1日に2粒だけですから飲みやすく、味も問題なく飲めるようになっています。

また飲み物と混ぜる手間もなく、思いついた時にすぐに飲めますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ