7つの素材~⑦明日葉

酵素青汁111では、7つの素材の一つとして明日葉も使用されています。

明日葉はその成長の早さや、生命力の強さから名前が付けられました。

夕方に摘み取っても、明日には芽がでることから明日葉と呼ばれているのです。

別名は八丈草といい、伊豆諸島や房総半島などに古くから自生していました。

酵素青汁111に使われている明日葉は、東京都産のものとなっています。

明日葉は、葉と茎を食用とする植物ですが、味に独特のクセを持っています

食べにくさを抑えるために、天ぷらやバターいためなどの調理法がよく選ばれています。
つまり、そのままでは食べにくさがあるというわけです

酵素青汁111では、錠剤に他の原材料と共に明日葉の有効成分を取り込んでいます

無理なく、食べにくさを感じずに摂取できます。

明日葉は、便秘防止や利尿作用などがあるといわれています。

酵素青汁111を飲むと、スッキリすると感じることが多いのですが、これは明日葉の効果も理由となっているのです。

また、明日葉は緑黄色野菜としてのミネラルやビタミンも大変豊富です。

これも、残さず酵素青汁111には生かされているのです。

こういった健康のための食材は、日々研究が続けられ新たな効果などが発見されることが多いですね。

明日葉にはフラボノイドが含まれています。

新しく発見された明日葉特有のフラボノイドはカルコンといいます。

カルコンには、ダイエットサポートパワーがあるといわれています

ダイエットと聞くと女性には嬉しい効果ですね!

酵素青汁111にも、そのカルコンのパワーが活かされています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ