酵素青汁111はこんな商品・・・栄養たっぷり!

苦味と飲みにくさ、この問題をクリアにしたのが酵素青汁111です

青汁は苦いから効果がある、美味しくないけれど健康にはよかったりというメリットを得られるものと考えていました。

でも、飲みにくい青汁はやっぱり続けられません

効果があるのかもしれませんが、それが分かるまでに挫折の連続でした。

それに比べて、酵素青汁111は、飲んだ翌日にスッキリとしました

また、ドリンクタイプだときちんと溶かす必要がある、あるいはシェイカーで振るといった面倒さもかかります。

牛乳やジュースで割るなど、苦味を抑えて飲みやすくする方法が提案してあっても、カロリーが気になります。毎日のことですしね。

酵素青汁111なら、錠剤ですからとにかく手間がかかりません

溶かす手間もかからず、お水で飲めばOKです。

苦味に関しても、錠剤なので気にする必要がありません

毎日コップ1杯以上の青汁を続けて飲むのは、やはり難しい部分もあります。

冬などは特に、ごくごくと冷たい青汁を飲めるかといわれると、「ちょっと無理かも」ですよね。

他にも青汁特有のニオイが苦手ということもよくありますね。

これも、酵素青汁111では強いニオイは感じませんでした

袋を開封した時に、ほんのりとニオイ感じるという程度です。

これだけ飲みやすさを追求しているわけですが、酵素青汁111には栄養素もしっかりと配合されています

IMG_1458 ←付属のリーフレットにも詳しく書かれています

味よりも栄養を求めて作られた商品です

飲みやすいだけの青汁ではなく、きちんと栄養を摂りたい時にピッタリです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ